<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [7]
  • (無題)

  • 投稿者:いずみん
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)03時25分40秒
  • s10-14.opera-mini.net
  • 返信
 
                                                                         【桐生院 翁成】(きりゅういん おきなり)


  26才
  男性
  リングファクター《ブロンズリング》
  171cm/53kg


―概要―

三世を棄て去り、修羅の道を歩む者。
かつては、桐生院グループという大企業の次期後継者候補だった男。しかしそれを快く思わない者達の策略によって、後継者争いから脱落し路頭に迷っていたところを、リングファクターに拾われる。
――というのは、過去の経歴を全て闇に屠り去った彼がでっち上げた偽りの経歴である。
桐生院グループは実在しており、桐生院翁成本人を殺して成りすましているだけ。敢えてこの名を選んだのは、その方がなにかと恩恵を受け易いからだとか。
リングファクターでは、その名前を活かした企業面での貢献が大きい。また、異能は持たないものの一戦力として動く事もある。

黒髪黒目、というレッドサン人然としたもの。細身の優男といった印象。
ワイシャツにスラックス、その上から襟元に気品ある装飾が施されたコートを羽織っている。また、刀がなければ何もできないので常に帯刀を欠かすことはない。
刀の影響か成長が10代後半で止まっているため、童顔。

寡黙と言えば聞こえはいいが、その実は会話を不必要なものとみている節がある。
極めて合理主義者であり、自分にとって不必要・無駄と判断したものは人であろうと物であろうと切り捨てる。
およそ万人が涙を流すであろう状況ですら無感動、無表情でいられる性格破綻者。



   ・戦闘関連

本人は一切の異能を持たない、完全な無能力者
加えて、元来持つ身体能力や身のこなしは一般市民と同等かそれ以下という低スペック。
しかし彼が紛れもない前線に立っているのは、手にした刀の能力に因るものが大きいだろう。
いくつか、流派不明の剣術奥義を習得している。


   愛刀『阿須羅(アスラ)』
刀匠不明の妖刀。有した能力は「所持者の生命力を源に身体能力を底上げする、またその太刀筋を洗練させる」というもの。要は、飛躍した身体能力と達人レベルの太刀筋を一瞬にして身につける。
一見凄まじくも見えるが、大きなデメリットも存在する。それは、この刀を手にした以降一切の鍛練が封じられてしまう事。故に、身体的スペックがこれ以上伸びる事はない。
また、一種の呪いなのかこの刀を手にしたその時から成長が止まってしまう。



―関連人物―



―現状―






スレッド一覧

  1. キャラ作成(9)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成