teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「新たな国民のたから展」追記

 投稿者:南部産  投稿日:2018年 5月21日(月)07時40分44秒
  特別展「新たな国民のたから-文化庁購入文化財展-」の文化庁が発表している出展文化財一覧です。

http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/__icsFiles/afieldfile/2018/05/02/a1404586_03.pdf
 
 

徳島城博物館。

 投稿者:豪徳寺  投稿日:2018年 5月20日(日)17時15分56秒
   「新たな国民のたから展」と言いながら、国宝1件の出展の「刀 名物中務正宗」は1957年に文化庁の所蔵になっている、「古い国民のたから」です。リストが発表になっていないのですが、重文22件には、新しいものがあるのでしょうか。そろそろ名称も変えた方がいいのではないでしょうか。

 私事ですが、心臓の僧帽弁悪化のため明後日の22日から入院し、29日に手術をします。6月いっぱいくらい入院予定です。元気で退院できたらまた書かせていただきます。

 

徳島城博物館

 投稿者:南部産  投稿日:2018年 5月14日(月)08時06分26秒
  ・特別展「新たな国民のたから-文化庁購入文化財展-」 7/28(土)~ 8/26(日)

 刀〈金象嵌銘正宗本阿花押/本多中務所持〉(名物中務正宗)
 

羽黒山五重塔

 投稿者:山水  投稿日:2018年 5月 5日(土)08時55分19秒
  はじめまして!新参者です。
すでに皆さんがご存知かも知れませんが、
荘内日報によれば、塔の2階も上がれるそうです。
また、日テレは初日公開の映像を公開してます:https://shrtm.nu/9kAp

https://shrtm.nu/abQT

 

三井寺特別拝観

 投稿者:AKIO  投稿日:2018年 5月 4日(金)13時17分40秒
編集済
  三井寺の金堂内陣特別拝観に行ってきました。
既にいかふらいさんからレポートされているように、金堂外陣は普段から入れますが、内陣の一般公開が初めてです。
内陣入り口には僧侶がおられ、入ってきた個人毎に浄めていただけます。
金堂本尊の弥勒仏は絶対秘仏のため見ることは出来ませんが、国宝附けたりである厨子の直ぐ前まで入れます。
僧侶に聞いたところ、叡山延暦寺と園城寺は過去幾度となく対立して焼き討ちにあっており、持ち去られたり焼けないように厨子は土蔵のごとく塗り固められており、壁を壊さないと入れないので、誰も見たことが無いとのこと。
厨子の中には天智天皇ゆかりの本尊以外に、天皇家・藤原鎌足・行基菩が納めた弥勒仏六体が納められているようです。
浅草寺や善光寺と同様に、やはり絶対秘仏でありました。
そのあと新羅善神堂を再訪して帰途につきました。
 

いかふらい23さま

 投稿者:しょうゆう  投稿日:2018年 4月30日(月)21時40分3秒
  金堂内陣は初公開なのですね。
貴重な情報ありがとうございます。私も池大雅の後期にあわせて訪問することに
しました。たのしみです。
 

東大寺と東北展

 投稿者:AKIO  投稿日:2018年 4月30日(月)18時08分36秒
  東北歴史博物館で開催されている「東大寺と東北」展の残り2件は以下の通りです。

○東大寺金堂鎮壇具(東大寺)
○紫紙金字金光明最勝王経(奈良博)

既にウォッチャーさん(含む公式ホームページ)にアップされている6件と加えて8件となります。
架電で照会したところ、出品リストは近日中に掲載するとのことです。
 

三井寺金堂内陣特別拝観

 投稿者:いかふらい23  投稿日:2018年 4月29日(日)18時53分1秒
  しょうゆうさん

三井寺金堂の内陣の一般公開は
どうやら初めてらしいです。

今日、石山寺と合わせて見てきました。
絶対秘仏が入っている宮殿(厨子)
の正面に立てます。なかなかいい経験でした。
3つの仏像(大日、普賢、文殊)もいい感じです。
 

オフ會。

 投稿者:豪徳寺  投稿日:2018年 4月29日(日)16時26分58秒
   たまさん、今回もいろいろご苦労様でした。新顔の方は残念ながら見えませんでしたが、顔なじみが十五名集まりました。6時半過ぎまで歓談が尽きませんでした。皆さんお疲れ様でした。楽しい時間でした。
 次回はこの秋の京博「京のかたな展」かな、などという声が早くも上がっていましたが。
 

オフ会お疲れ様でした。

 投稿者:たま  投稿日:2018年 4月28日(土)15時15分52秒
編集済
  本日参加いただいた皆さまありがとうございました。また次回、よろしくお願いいたします。  

オフ会

 投稿者:EQN  投稿日:2018年 4月27日(金)23時32分57秒
  いよいよ明日ですね。
私は残念ながら日中に用事が入っていて、東博に行くのが夜間になってしまうため参加することができませんが、
たま様はじめ皆様方、どうか楽しい時間をお送り下さいね。
またお会いできる機会を今から楽しみにしております。
 

三井寺金堂

 投稿者:こびたん  投稿日:2018年 4月27日(金)23時23分36秒
編集済
  私も内陣に立ち入ったことはありませんので、池大雅の後期訪問ほかの遠征に加えました。
「内外陣の境を開いて、外陣から覗き込むだけでは?」との疑問がありましたので、
本日電話して、内陣に立ち入れることを確認しました。
内陣立入に加えて秘仏も拝観できるので、とても楽しみです。

欲を言えば、石山寺も国宝を出して欲しかったですね。

(しょうゆうさんの貼られたリンクに飛ばないですね)
 

三井寺金堂内陣公開

 投稿者:しょうゆう  投稿日:2018年 4月27日(金)22時02分51秒
  ウォッチャーさんの情報で知ったのですが明日から金堂内陣が公開されるようです。
三井寺には何度か訪れていますが絶対秘仏の厨子のある内陣にはたぶんまだ入って
いないのではないかと思います。記憶が定かではないので今までの公開情報があれ
ばどなたか教えていただけたらと思います。今回は石山寺とコラボしてレアな仏像を
公開するようですので再訪しようか検討中です。
こびたんさんはもう内陣は拝観はされてますか?



http://あめ

 

よろず會第3回オフ会(東博)について(再送)

 投稿者:たま  投稿日:2018年 4月26日(木)07時45分26秒
  この場をお借りしてすみません

よろず會・第3回オフ会について再度のご案内です

日時:4月28日(土)15:00頃

集合場所 ⇒本館前のユリノキ(本物の木の方です)付近のベンチ …お天気も良さそうですね

その後、レストラン「ゆりの木」に移動する予定です

従いまして集合時間に来れない方も、レストランにお越しいただければ
案内してもらえるように頼んでおきますので、初めてでも予定の合う方は是非とも参加をご検討ください

すでにメンバーとなっている方も10名以上参加する見込みです。

なお事前の参加連絡は不要です。直接お越しください。

ご質問等ありましたら、下記あてご連絡をいただければ幸いです(たま宛)↓

pentakun0915@yahoo.co.jp
 

大雅展と春日大社展。

 投稿者:豪徳寺  投稿日:2018年 4月21日(土)20時09分22秒
編集済
   金曜日の夕、京博で「池大雅展」、土曜日の午前、奈良博で「春日大社のすべて展」を見てきました。
 大雅の国宝遍照光院の襖絵では「老松図」二面を初めて見ましたが、素晴らしいものです。大雅の作品は、書を含めかなりたくさん残っているようで、これでもかという量でした。国宝「十便十宜図」展示替えの詳細は、私が係員に確かめたところでは、4月24日から30日が釣便、宜秋、5月2日から6日が樵便、宜暁、5月8日から13日が吟便、宜晩、5月15日から20日が眺便、宜雨です。現在は4月17日から22日が課農便、宜夏、終了したのが4月7日から15日の耕便、宜春でした。12/20の出展です。ご参考までに。

 「春日大社展」では東博の「春日大社 千年の至宝展(2017年1月から3月)」と出品物は大同小異でしたが、今回は私の未見の古神宝3点が出ていました。東博には出ていなかった鹿島神宮の国宝「直刀・黒漆平文太刀拵」と香取神宮の国宝「海獣葡萄鏡」が素晴らしかったです。「直刀」は長さ228センチというとてつもないもので会場を圧していました。春日大社も藤が真っ盛りで、国宝御本殿の特別参拝もできました。
 

豪徳寺様

 投稿者:通りすがりの国宝好き  投稿日:2018年 4月19日(木)18時50分8秒
  高松塚古墳の件、補足説明ありがとうございました。
ちなみに、昨年は比較的頻繁に公開されましたが、少ない年もあります。
今年も頻繁に公開する方向かわからないので、慌てて書き込んだ所存です。
 

東京国立博物館

 投稿者:アビコンキミコン  投稿日:2018年 4月19日(木)13時48分22秒
編集済
  本日(19日(木))9時40分に東京国立博物館 特集『平成30年新指定国宝・重要文化財』

(4月17日~5月6日)に行ってきました。

1階11室に仏像、2階8室に絵画・古文書ほかが展示されていました。

未見の国宝指定

・国宝 菅浦文書/菅浦与大浦下庄堺絵図 (須賀神社)

は、8室入って左奥に展示されていました。(絵図1枚、文書1枚)
部屋には、8~10人の人が熱心に展示物を見ていました。

国宝指定4件は、8室に展示され(木造四天王立像(興福寺)は、パネル展示)、残り1件
木造千手観音立像(蓮華王院本堂安置)1001躯のうち3躯は、11室に展示されています。

尚、展示目録は、1階インフォメーションに置かれていますので、ご注意を。

   
 

高松塚古墳。

 投稿者:豪徳寺  投稿日:2018年 4月19日(木)09時58分14秒
   古墳の内部公開かと思って文化庁のH・Pを確認したら、修理室の内部公開のことでした。

 修理室の公開では、第1回の平成20年にすぐ速達で応募し、幸い4日目の6月3日分に当選し、かなり早めに見学することができました。以降平成24年を除き毎年複数回の公開があり、今回は21回目とのことです。こんなに頻繁に公開してくれるのは結構なことです。

 高松塚古墳へは、修理室から歩いて行けます。やや坂道がありますが気持ちの良い田舎道です。古墳の内部にはもちろん入れませんが、こんなところなのか、という思いに駆られます。

 「古墳への 道狭うして 花うつぎ」 読売俳壇に載った拙作です。 
 

高松塚古墳

 投稿者:通りすがりの国宝好き  投稿日:2018年 4月19日(木)07時45分25秒
  標記の件につきまして、内部公開が5月に開催されます。
予約限定で、ただいま、Webや往復はがきで申し込み受付中です。
詳しくは文化庁のホームページなどでご確認ください。
 

東京国立博物館

 投稿者:アビコンキミコン  投稿日:2018年 4月15日(日)07時11分55秒
編集済
  13日(金)、東京国立博物館 特別展『名作誕生 つながる日本美術』(4月13日~5月27日)。
創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 に行ってきました。

9時30に到着。
開場時には、約200人が並んでいましたが、特別展が始まったばかりでしょうか圧倒的に人が少ないです。

入口を入ると仏像展示から始まりますので、混雑緩和には有効かもしれません。
今回は、未見の国宝はありませんでしたが、年間パスポートを購入しているためぷらぷらと足を運んでみました。

11時過ぎに平成館を出ましたが、待つ列はありませんでした(待ち時間はゼロ)。
 

レンタル掲示板
/133