teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


弘法大師像

 投稿者:エナジー  投稿日:2017年 5月24日(水)19時47分26秒
  さすらい様。早速回答いただきありがとうございます。なんとなくでも存在を感じることができるのなら、来月にでも行ってみようと思います。  
 

弘法大師像

 投稿者:さすらい  投稿日:2017年 5月24日(水)19時25分1秒
  ご存じだと思いますが開帳は毎日午前6時から行われている生身供の時と毎月21日。
21日の開帳は早朝からだと思うのですが・・・・
大日堂では様々法要が行われているので、その合間なら見る事は可能かと。
御影堂での開帳より距離は近いので見えると言えば見えるのですが、
姿がはっきり見えるかと言われると厳しいかもって感じですかね。
 

弘法さん

 投稿者:しか  投稿日:2017年 5月24日(水)18時40分25秒
  東寺の弘法さんは早朝にご開帳なのでしょうか。東寺はホームページには5時開門とありましたが何時からでしょう。

よろず会には残念ながら行けませんが6/3か6/4に何とか茶の湯展を見に行きたいとは思っています。

相国寺承天閣美術館の次回禅林美術展(6/15-12/3)にて国宝無学祖元墨跡が展示されます。
国宝の天目も6/15-9/26.10/21-12/3に展示されます。
 

弘法さん

 投稿者:エナジー  投稿日:2017年 5月24日(水)17時25分40秒
  東寺の弘法大師像は開帳時も暗くてほとんど見えず、これまで未見としてきました。大日堂におられる今はしっかりお顔を確認できるのでしょうか。お教えいただけると幸いです。  

よろず会

 投稿者:水戸のウォッチャー  投稿日:2017年 5月23日(火)22時38分9秒
  私も参加し皆様とお会いしたかったのですが、
神社の総代会が当日予定されてしまったので
東博訪問は6月1日にせざるをえません。
残念です。次回開催があれば参加予定します。
 

弘法さん

 投稿者:さすらい  投稿日:2017年 5月22日(月)22時55分57秒
編集済
  西本願寺の唐門通り抜けと共に弘法さんに行って、
大日堂に移されている弘法大師像をじっくり見てきました。
で、その後は仏教大学宗教文化ミュージアムへ。
今やっている特別展で法然上人行状絵図の巻八と巻一三が展示中。

残念ですが平日には遠征出来ません。
参加される方は楽しんで下さい。

宇佐八幡宮の情報が役に立ったようで良かったです。
 

よろず會。他

 投稿者:鉄っちゃん  投稿日:2017年 5月22日(月)21時14分2秒
  6月2日は、業務都合で最速 19時半にしか東博にたどりつけません。
盛会をお祈りいたします

4月18日から投入堂の拝観が再開されています。補修費募集のクラウドファンディングは気づいていたのですが、なんと募金の方法が判りませんでした。まもなく四捨五入すると還暦より古希になります。最新のテクノロジーに置いていかれています。

 

西本願寺唐門

 投稿者:AKIO  投稿日:2017年 5月22日(月)20時35分34秒
  先日初夏の京都を訪れました。
34年ぶりと言われる行事に参加です。
第25代門主就任行事の一つとして、西本願寺の国宝唐門が先日5/21に開門され、9~13時まで一般参拝者も通り抜けることが出来ました。
12時過ぎに到着したら長蛇の列。
門前に並ぶこと20分で、美しい装飾や彫り物を見上げながら通り抜け、一生に一度の経験が完了。
日光陽明門と同じように修繕工事に入る前の限定公開であった模様です。
国宝書院は公開していませんでしたが、中では祝賀能が能舞台で執り行われ、国宝御影堂では門主立ち会いのもと、雅楽の奉納(生演奏)と読経が行われていました。
最近は「何十年ぶり」「これを逃せば一生見られない」という言葉に弱くなり、せっせと各地を巡る今日この頃です。
 

金蓮寺

 投稿者:古きを訪ねて  投稿日:2017年 5月22日(月)11時35分10秒
  5月21日、初めて金蓮寺弥陀堂を訪ねました。
地元のボランティアガイドが説明をされていました。
去年3月に屋根が葺き替えられています。
金剛峯寺の不動堂に感じが似ています。折り上げ小組格天井、三方に見られる縋破風、堂の四隅はどれも違った形になっています。
正面と側面の一部は短い孫庇がついていて、三軒になっているのは珍しい。
他にも見所があります。
毎年、5月の日曜日に限って、公開されます。また訪ねたいです。
中には、阿弥陀三尊像(愛知県文化財)が安置されています。
 

西本願寺について(お詫びとお礼)

 投稿者:通りすがりの国宝好き  投稿日:2017年 5月21日(日)12時34分45秒
  AKIO様
投稿にご丁寧に回答していただき、ありがとうございました。
また、中途半端な情報、しかも既に投稿されていた情報を投稿してしまい、申し訳ありませんでした。
紹介したブログと自分が西本願寺を拝観したときでは、
・写真撮影禁止になっていない(ブログには写真が掲載されていたようです。自分のときは解説してくださったお寺の方に撮影厳禁と何度も言われました。)
・時間が違う(自分は14:30集合の拝観しかないと言われました。)
その2点が違っていたため、気になって、こちらに投稿する前に西本願寺の公式サイトを確認したのですが、夜間ライトアップの情報は見つけられたものの、特別公開については見つけられなかったのです。
やはり、個人のブログはこちらの知りたい情報が正確に載っているとは限らないのですね。
こちらの掲示板の皆様は、いつも正確な情報を掲載してくださるので、大変助かっております。

 

よろず會。他

 投稿者:EQN  投稿日:2017年 5月21日(日)10時03分37秒
  「よろず會」の開催、おめでとうございます。
残念ながら私は当日夕方は別の用事が入っているため参加することが出来ませんが、
どうか皆様で素敵な時間をお過ごし下さいね。
豪徳寺様はじめこちらの皆様方とお会いできる次の機会を、今から楽しみに致しております。

最近はバタバタしていてROM専になってしまっていたのですが・・・。
先の連休最終日(5/7)に、「宇佐神宮本殿」の特別拝観(5/3~7)に行って参りました。
前回2年前の修復竣工記念の公開(H27.4/25~5/6)には行きはぐってしまったため、次の修復
(30年後!?)まで待たなければならないか・・・と残念な思いをしていたのですが、
今回幸運にも機会を得たため、急遽休暇の予定を北海道から九州に変更して(笑)、足を運びました。
(余談ながら、JR肥薩線の新型D&S特急「かわせみやませみ」号の初乗りもこの機会についでに・・・)
前回公開とは異なり、今回は神様が鎮座されている中での公開で、こんなことがあるのだな・・・
と幸運を噛みしめながらの拝観となりました。
やはり神社建築は回廊の外からでは全くわからないところがあり、ご神職の丁寧な解説を聞きながら、
以前に参った「石清水八幡宮本社」の構造をアタマに浮かべ比較しつつ拝観させて頂きました。
宝物館では個人的に最も拝観間隔が空いてしまった(27年!)美術工芸品の国宝である「孔雀文磬」も
じっくり再見することができ、非常に充実した時間を送ることができました。
遅ればせながら、貴重な情報を下さったさすらい様、本当にありがとうございました。

話変わって東博「茶の湯」展、今や名高い(!?)「文春砲」の餌食となってしまいましたが・・・。
茶杓一つ如きで、鬼の首を取ったような騒ぎはいかがなものかと思いますね。
文中の熊倉功夫先生の騒ぎに呆れたようなコメントが、多数の文化財関係者の感想を代弁しているのでは
ないでしょうか。
 

深大寺。

 投稿者:豪徳寺  投稿日:2017年 5月21日(日)09時06分47秒
   遠方から来られる方のために蛇足の一筆を。

 東京駅からならJR中央線三鷹駅か吉祥寺駅からバスですが、本数がそう多くなく、深大寺の手前5分以上かかるところで降りなくてはなりません。
 新宿駅で5分程度の乗り換えで、京王線急行、準急で調布駅からバスですと、三鷹や吉祥寺からのバスの半分の時間で終点「深大寺」に着きます。ここから山門まで100mくらいです。こちらがおすすめです。

 深大寺には、他に有名な建築物も仏像などはないのですが、この界隈はとても落ち着く場所で、高濱虚子の胸像や句碑、なんじゃもんじゃの木など面白いものもあります。時間が許せば、隣接と言ってもいいほど近い神代植物公園が今の季節とても美しいのですが。私は俳句仲間と、お寺と植物園を巡る吟行に何回も行っています。

 忘れてはいけないのが名物のお蕎麦です。たくさんお店があって迷いますが、どこで食べてもおいしいです。しかし、混んでいる店を選べば間違いないでしょう。
 

皆さまへ

 投稿者:AKIO  投稿日:2017年 5月21日(日)00時18分40秒
編集済
  こびたんさま、明日昼頃お会いできるかもしれませんね。
諏訪の時のように熱心にメモは取っていないと思いますが(笑)
私はこびたんさまに触発されて、その後単眼鏡を買いました。

おやちょうさん、深大寺は私も訪れる予定です。
6/2東博に行く前に拝観してきます。
おやちょうさんとはブログをやっていた時以来ですね。確か歳が近かったような?
何れにしろお二人とは6/2にお目にかかるのを楽しみにしております。
豪徳寺さま、たまさま、このような機会を設けていただきましてありがとうございます。当日は宜しくお願い致します。
 

豪徳寺様

 投稿者:おやちょう  投稿日:2017年 5月20日(土)22時21分41秒
  深大寺に関する情報ありがとうございます。
なかなか機会はなさそうですがいつか一度は現地に足を運びたいと思います。
まお、本日私の友人が深大寺に行きましたが、こびたん様ご指摘のとおり今日は拝観叶わなかったとの連絡がありました。

http://ntwhjp.blogspot.jp/

 

AKIOさま

 投稿者:こびたん  投稿日:2017年 5月20日(土)22時12分4秒
  5/17-23は「伝灯奉告法要」の狭間なので、明日の書院は公開されていないと思います(行かれればすぐ分かることですが)。
迷ったのですが、私も明日京都に出動を決めました。諏訪以来またお会いするかもしれませんね。

南部産さま、情報ありがとうございます。
 

西本願寺黒書院

 投稿者:AKIO  投稿日:2017年 5月20日(土)20時43分51秒
  西本願寺黒書院の一部外観は白書院から見ることが出来ますが、黒書院と伝い廊下の中には入ることは出来ません。
昨年10月から今年の5月まで「伝灯奉告法要」が開催されており、書院・飛雲閣が無料で特別公開されています。
私も昨年11月に書院を訪れ、この投稿でも紹介しております。
mixiの記事はこの特別公開で訪れ、黒書院と北能舞台が見えたように書いてありましたので、白書院廊下から一部が見えたことを意味していると思われます。
2012年に一度だけ一般公開されて中に入れたようですが、それ以降今に至るまで公開はされておらず、今月末までの特別公開でも黒書院と伝廊下の中には入れないことを本願寺行事部に確認しています。
従って私はまだカウントせず未見としています。
実はここでいただいた情報で、明日西本願寺を訪れ、34年ぶりと謂われる国宝唐門の通り抜けに参加する予定です。
念のため書院にも入り、黒書院が公開されていないことを確かめてきます。
 

西本願寺

 投稿者:通りすがりの国宝好き  投稿日:2017年 5月20日(土)17時42分45秒
  興味深いブログを読んだと友人から聞きました。
なんでも、この春の特別公開で西本願寺の黒書院を見たとのことです。
ただし、屋根や外壁の一部だけ見たのか全体を見たのかはそのブログではわからないとのことです。
mixiというSNSのブログだそうですが、あいにく自分は会員ではないので、そのブログを書いた人に詳細を質問をすることはできません。
もし興味のある方はそのブログを読んでみてください。
mixi会員ではなくても読むことはできるようです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=18627182&id=1960284200

 

よろず会

 投稿者:タカちゃん  投稿日:2017年 5月20日(土)14時08分38秒
  かつてこちらの掲示板にはたいへんお世話になっていた者です。
最近は国宝巡りもほとんどできなくなり、この掲示板に書くこともない状態です。
それでもよろず会の開催にはとても興味があります。
今回は金曜日に休みが取れないので参加できませんが、
第2回、3回が計画された際にはお邪魔させていただきたいと思います。
ぜひよろしくお願いいたします。
 

深大寺補足

 投稿者:こびたん  投稿日:2017年 5月20日(土)11時29分10秒
  一般公開は22日からということで、今日明日の訪問では拝見できないかもしれません。
http://www.asahi.com/articles/ASK5K5FPBK5KUTIL026.html
 

東京国立博物館特別展出雲と大和

 投稿者:しか  投稿日:2017年 5月20日(土)07時55分19秒
  日本書紀編さん1300年を記念し2020年に東京国立博物館で開催される特別展出雲と大和。奈良の仏像や島根の青銅器など150ー200点程度の展示を計画。1ー3月に50日程度平成館で開催。展示品は18年度冬に決まる予定。  

レンタル掲示板
/115