teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


音楽イベントのご案内

 投稿者:Third Ear Project  投稿日:2015年 7月 4日(土)06時52分1秒
  突然の書き込み失礼いたします。7月18日東京、25日大阪にてロンドン大学ゴールドスミスカレッジ音楽学部講師松本直美博士を中心として以下のようなイベントを開催いたします。

「セイチェント:17世紀歌曲の解釈を探って」
コンサート、講義、公開レッスン、ラウンドテーブル
東京:2015年7月18日(土)日本キリスト教団本郷教会(西荻窪)
大阪:7月25日(土)日本キリスト教団島之内教会(心斎橋)
どちらも午前の部10:30 - 13:30
午後の部15:30 - 18:30

出演
松本直美(構成・解説・英語・伊語)
高柳義生(リュート・バロックギター・テオルボ)
ローレンス・レッドラピエ(歌唱・仏語・チェンバロ)

チケット: 前売 4,000 円・当日 4,500 円
チケット「ぴあ」、
ホームページhttp://seicentomasterclas.wix.com/seicentomasterclassで好評発売中

コンサート、講義、公開レッスン、ラウンドテーブルから17世紀英伊仏歌曲の解釈と魅力に迫ります。演奏家、音楽愛好家のみならずヨーロッパの詩学、文学、演劇、文化一般に興味のある幅広い層に楽しんでいただける構成となっています。詳細プログラムはHPからご覧ください。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

http://seicentomasterclas.wix.com/seicentomasterclass

 
 

奨学金 経済学博士課程

 投稿者:virgorose  投稿日:2010年11月17日(水)20時54分33秒
  IMF関連の日本人を対象とした政府奨学金制度について以下のような案内が来ています。博士課程2年を修了した後には、IMFでの勤務の機会もあります。興味のある方はお申し込みください。

The Japan IMF Scholarship Program for Advanced Studies

The deadline for applications for the 2011-13 JISP award is January 31, 2011.

Please submit your application online at: www.iie.org/jisp

Introduction to the Scholarship Program

The Japan-IMF Scholarship Program for Advanced Studies (JISP) is a two-year program intended to help Japanese nationals obtaining Ph.D. degrees in macroeconomics and preparing them to work as economists at the International Monetary Fund (IMF).

The scholarship is funded by the government of Japan and administered by the IMF Institute with assistance from the Institute of International Education (IIE).

Annually, up to seven scholarships are awarded on a competitive basis to students with a record of high academic achievement. The government of Japan expects that all JISP scholars apply for IMF employment upon completion of their studies.

Eligibility and Application Procedure

To be eligible, an applicant must be:

·         A Japanese citizen.

·         Able to obtain a Ph.D. by age 34.

·         Entering the 1st or 2nd year of his/her Ph.D. As an exception, scholars in their 3rd year might be considered for a one-year scholarship award.

·         Studying at, or applying to, a Ph.D. program in macroeconomics at a university that is located outside of Japan and has a strong doctoral program in macroeconomics.

The application is available online at www.iie.org/jisp. It must be completed in English and include the following:

-          a statement of not more than 500 words, focusing on the applicant’s background, career goals, and interest in working as an IMF economist;

-          a complete university transcript for the applicant’s prior studies and, if already a graduate student, a current university transcript;

-          applicant’s GRE and TOEFL or IELTS scores;

-          a copy of one application to a Ph.D. program; and

-          two reference letters.

Scholarships are awarded in the spring, for studies starting in the fall of that same year. Candidates must apply directly to universities for admission. The deadline for receipt of scholarship applications is January 31.

Please note that no exceptions can be made regarding the field of study, scholar’s nationality, or university location.

Academic Program

·         JISP scholars must continue an approved course of study and maintain high academic standards, passing all mandatory and qualifying examinations.

·         Scholars usually complete the majority of the course work in the first two years of Ph.D., with the remainder of their studies devoted to researching and writing a dissertation.

·         Dissertation subjects should focus on macroeconomics and topics relevant to the work of the IMF, such as: international economics, international finance, monetary economics, public finance, and labor economics.

·         Selected scholars must attend an orientation program at the IMF in Washington DC, shortly before they begin their studies at their respective university.

·         One year before the conclusion of their doctoral studies, scholars return to the IMF for a summer internship lasting 10-13 weeks.

Benefits

·         The JISP covers all reasonable expenses for two years of graduate study including:

·         full university tuition and fees;

·         medical insurance;

·         annual book allowance and monthly living allowance;

·         selected travel expenses; and

·         paid summer internship.

To cover the remaining years of study, JISP scholars are expected to secure another source of funding, usually through Research or Teaching Assistantship at their university.

Contact Information



For inquiries about submitting applications, general questions, and any other information regarding applications, please e-mail the Institute of International Education (IIE) at japanimfscholarship@iie.org .

Dear Colleague,

I am contacting you from the Institute of International Education (IIE) European Office in Budapest concerning the Japan-IMF Scholarship Program for Advanced Studies (JISP).



With financial support from the Japanese government, IIE in partnership with the IMF Institute administers the Japan-IMF Scholarship Program. The goal of the program is to train Japanese nationals as applied economists to work either at the IMF or in their home administrations. Students in the program are expected to study macroeconomics or a related subject through the Ph.D. level at a leading university outside of Japan. Annually, up to seven scholarships are awarded on a competitive basis to students with a record of high academic achievement.



Please find below a brief program description and the attached flyer which we ask you to forward to eligible applicants via direct email and/or as a listserv announcement. Please in case it is possible use it as a handout at relevant student information events or kindly put it on display in public areas such as libraries or student cafes.  Please also feel free to post the information on your website and/or in a relevant newsletter if you feel it is appropriate.



We would appreciate it if you could disseminate the announcement to qualified applicants at your institution, encouraging them to consider applying for this excellent scholarship opportunity. The application deadline is January 31, 2011, and all materials need to be submitted to the IIE Office in Washington, DC.



For further information, please see:

www.iie.org/jisp



Potential applicants can contact the



Japan-IMF Scholarship Program (IIE)
Phone: +1 202.326.7761
Fax: +1 202.326.7642
JapanIMFScholarship@iie.org



Thank you for your kind assistance in advance!

Sincerely,



Nik Szkrosi

Program Coordinator



Institute of International Education

European Office

Vigyz Ferenc u. 4.

1051 Budapest, Hungary

Tel +36 1 472 2285

Fax +36 1 472 2255

Email nszkarosi@iie.eu

Web www.iie.eu, www.iie.org

http://www.iie.eu , www.iie.org

 

Institute of Educationよりのお誘い

 投稿者:okuralaメール  投稿日:2010年 9月14日(火)21時22分54秒
  来る10月2日土曜日に、Institute of Education主催でイベントが開催されます。

19:00~19:45 Paul Dowling教育学教授による講演
   Paul Dowling: http://homepage.mac.com/paulcdowling/ioe/menu.html
20:00~      IOE主催の食事会

講演会は、東京新宿のハイアットリージェンシーにて。食事会は、近くで予約をする予定です。前年度は、会費は全て大学が持ちました。

両方の会とも、ロンドン大学会会員の皆様にも解放しております。ふるって参加ください。

詳細は、投稿者のランをクリックして幹事までメールで連絡ください。
 

LSHTM博士課程出願について。

 投稿者:Watanabe  投稿日:2010年 7月27日(火)08時44分3秒
  突然の書き込み失礼いたします。

都内の大学で医学部学生(6年)をしております、渡邊と申します。
今回LSHTMの博士課程の出願について質問がございます。

私は最終的には社会の意思決定に関して、客観的なデータに基づいた提言ができるような人間になりたいと思っています。ただ自分のフィールドである医療、福祉について学生なりに色々見ているつもりではありますが、現場経験が圧倒的に足りないと感じるのも事実です。医療の中では母子保健、人口政策につながるようなものに一番興味があります。
大学卒業後、とりあえず現場を知るという意味で、病院での初期研修(2年)そしてその後、世界の医療現場を知ることをかねてタイのマヒドン大学での公衆衛生学修士(MPH)の取得を考えています。
ただ最終的にはドクターをとりたいということ、一流のところで知識とものの考え方を身につけたいということで、だいぶ先の話ではありますが、ロンドン大学でのDrPHの取得はどうなのだろうか、と考えています。

しかしホームページを見たところ、研究計画書が最重要であるように読めました。が、特にbudgetの部分など、自分が何年後かに出願するときに説得力を持ったものを書けると確信を持つことができません。現在在学中の方は研究計画書はどのように書かれているのでしょうか?そういう意味でやはり修士号もロンドン大学で取得した方が有利なのでしょうか?

また博士課程についてはかなりの学費がかかりますが、在学中の方はどのようにして調達していらっしゃいますか?

そして私は大学時代の成績が大変悪いです。(これから頑張ってようやくGPA3程度)大学の成績はどの程度考慮されるのでしょうか?また修士課程での成績がよければカバーできるものなのでしょうか?

目安としてどういった条件がそろえばacceptされる、といったようなことを教えていただけると大変ありがたいです。

分かりにくい質問ばかりで恐縮です。

よろしくお願いいたします。
 

飲みすぎ

 投稿者:SussexPlaceメール  投稿日:2010年 7月16日(金)10時06分12秒
  1時間前から準備で行っていて、開始前に喉をうるおし過ぎてしまいました。花束贈呈で既に真っ赤!(^_^;)

http://blog.livedoor.jp/shikoku88/

 

楽しかったですね!

 投稿者:SussexPlaceメール  投稿日:2010年 4月22日(木)09時56分3秒
  久しぶりに懐かしいメンバー+新メンバーに会えて楽しかったです!
今年のPartyも協力して是非成功させましょう。

http://blog.livedoor.jp/shikoku88/

 

UCLとLSEについて

 投稿者:Aメール  投稿日:2010年 1月29日(金)16時51分17秒
  はじめまして。現在、UCLとLSEからオファーをもらっており、どちらに進学するか悩んでおります。学校の雰囲気や、成績評価、論文執筆の進め方など、いろいろと最近在学されていた方にお話をお聞きしたいのですが、ロンドン大学会でどなたかをご紹介していただくことは可能でしょうか?可能な場合、コンタクトの取り方など教えていただければ幸いです。  

UCLとLSEについて

 投稿者:Aメール  投稿日:2010年 1月29日(金)16時44分59秒
  はじめまして。  

ロンドン大学・学部通信Diploma for Graduates in Managementについて

 投稿者:A  投稿日:2009年10月16日(金)16時53分38秒
  はじめまして、ちょっとお話をお聞かせいただきたく、投稿いたしました。

このサイトをご覧の方で、学部通信のDiploma for Graduates in Management(または他の学部通信Diploma)を修了された方はいらっしゃいますでしょうか?

来年入学したいと考えているのですが、もちろん謝礼などをさせていただいた上で、ご相談に乗っていただきたいと思っております。
 

ホームページ復旧

 投稿者:y  投稿日:2009年 7月18日(土)18時26分3秒
  鮫さん、コメントありがとうございます。

さて、表題の件ですが、Yahooジオシティーズの不具合で、表示されなかったロンドン大学会ウェッブサイト、復旧しました。

ただ、この数日間の消失の影響で、検索サイトで引っ掛からなくなっています。そのうち、検索されるようになるでしょう。
 

レンタル掲示板
/35