teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2013年 9月 6日(金)10時52分51秒
  ふるさとというのは、抽象的なものではなく、きっと具体的なもので、

 家のにおいや戸の開き方、閉まり方、

 そういうものが、一人一人のふるさとの記憶になっていくのだと思います
 
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2013年 6月 3日(月)20時19分44秒
  祖父が他界した。

9ヶ月の入院生活の末の事だった。そもそもは胸部大動脈瘤の手術の為の入院だった。切る範囲は決して小さくないものの、命に関わるようなものではないという認識だった。オペ当日の朝、本人はいつもと同じように食卓で小説を読み、元気に手を振りながら手術室へと入っていったそうだ。

オペは予定より2時間程度長引き、祖父が手術室から出てきた際には7つの点滴袋がぶら下げ、あちこちにチューブが挿さった状態だった。結局そのまま回復することはなかった。頷いたり、手を振ったり、簡単な意思表示はできるようになった時期はあったものの、寝たきりになり、まともに喋ることすらあたわず、徐々に免疫力は衰え、感染症を併発し、胃瘻でなんとか栄養を得ながら、絡んだ痰を吐き出す力を失った。全身が浮腫み、腫れ上がった四肢の一部からは組織液が流れ出、そこを掻き毟らないよう祖父の両手には鍵付きのグローブがはめられた。意識が錯乱している時は、幻覚でも見ているかのように眼前で手を振り払うような仕草をした。心臓の病気を治す為に胸を開いたのに、脳に障害を負って帰ってきた。

歳を取ってから、酒は嗜む程度だった。外国の小説をいつも読んでいた。測量の仕事をしていた祖父の部屋は文房具で溢れていた。様々な大きさの三角定規、業務用の消しゴム、冷たいコンパス、コンパスの先に仕込む濃い鉛筆の芯、製図用の文鎮、名前も知らない器具たち、大量の鉛筆。PCの操作に明るかった。週間アスキーを欠かさず購読していた。遺影の凛々しい七三分けを見ると、愛用していたポマードの匂いが思い出された。苦労の多い人だった。近所にあるイタリア料理屋の特定のピザを好んでいたようだ。棺の中には洋服や小説、週刊アスキーと共に、小奇麗な箱に入れられた一切れのピザが収められた。

浮腫みが取れ、死化粧を施された顔を見ても、まだ熱気の残る肋骨を拾骨しても、不思議と喪失感が湧かない。小さくなった祖父はしかし驚くほど重かった。

いつ僕は祖父を失うのだろう。気丈な祖母は、いつ失意に直面するのだろう。これから僕らは少しずつ、少しずつ祖父を失っていくのだろうか。あるいは、僕らは永遠に祖父を失うことはないのかもしれない。

逝去して数日後、孫の中では最も若く、そして一番のおじいちゃん子だった従兄弟の前に祖父が現れたらしい。少なくとも今はまだ、僕らは祖父と共にいるのかもしれない。

気持ちの整理のつかないまま、居酒屋で一人酒を飲みながらつらつらと書いてしまった。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2013年 5月 7日(火)11時53分41秒
  電車の中の優先座席、妊婦のヨメバイテンが足の不自由な方に席を譲る。隣には草臥れたサラリーマンたちが、素知らぬ顔でスマホやタブレットのスクリーンに見入っている。そんな図式って、どうよ。或いは満員電車で座り込む学生集団。僕は割と色んなところで、そういう局面に出くわす。そこで僕が彼らに対して言うのは「やめなさい」ではなく「ひとりでもヤリ続けろよ」である。僕は集団心理というものを嫌悪する。「赤信号みんなで渡れば怖くない」だと。ふざけんな。ひとりで渡って、新たな信号を打ち立てろよって思う。学生たちも、ひとりのときは普通に立って吊革を握っているんだ。おいおい、ひとりの時こそ座り込んで弁当でも喰ってみろや。子供も大人も同じ、集団でワチャワチャやっている時だけ、羽目を外すんだ。ひとつの商業施設に人が群がる、ひとつの番組に人が釘付けになる、ひとりの作家に人が夢中になる、常にどんな時も、周囲と同調することで安心感を得ようとする。そういう日本人にありがちな行動って、心底ダセェと思う。頼むから急に就活モードに入るのはやめてくれ。恥ずかし気もなくベストセラー作家の新刊に群がるのはやめてくれ。そういう現状を目の当たりにする度に、この国は決してうまくはいっていないな、と確信する。そんな訳で、朝から変なおっさんに絡まれた学生たちは執拗に僕を睨んでいたが、僕は更に睨み返してやった。この大人げ無さ!自分でもどうにかしたい(笑)。いや、本当にカッコいい人ってすくなくなったわぁ。草臥れすぎだろ、おい!  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2013年 2月11日(月)11時54分17秒
  最近アラーキーさんが(デジタル写真に対して)「いまや才能はカメラにあるんだよ」というような事を言っていて、それがすごくわかるというか、いやこれわかるとか言っちゃっていいのかどうかって気もするけれど、とにかくそのフレーズは僕の心の中にストンと居場所を見つけて、飲み屋の長居客のように先週からずっと、居座っている。文脈とかご本人の意図とかそういうのを全部ぶっとばした上でただ「才能はカメラにあるんだよ」という言葉だけが居座り続けているのだ(早く帰らないかな…)。今日は東京は大雪の予報だったけど、それほど(積もるほどには)降っていない。こういう時は中華そば「みたか」だろうと思い11時過ぎに行ってみると、案の定、店には先客が一人のみで、ラーメンを食べ終わるまでずっと、僕とあと一人の客がいるだけという珍しい状況だった。いつも昼時に行くので忙しさに遠慮してなかなか話しかけることも出来ないけれど、「今日はさすがに落ち着いてますね」と声をかけて、いつもよりゆっくりと、時間を過ごす事ができた。こんなにのどかなお昼のみたか風景は珍しい。雪が降っても数年前ほどには心は踊らないが、町が静かになるのはとてもいい。静けさというのはそれだけでじゅうぶん音楽なのだ。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2011年 2月 2日(水)21時28分36秒
  イルミネーションまみれの家を発見。先生が「ここは毎年すごいから皆見に来るんやで」と言う。「電気代もすごそうですね、よくやりますよね…」と控えめに否定的なコメントをする私に「そうねー、でもここの家は小さい子をなくしてて、空からでもわかるように明るくしてるんやって…」しばらく立ち直れないくらいへこむ。この世にバカにしていいものなど何ひとつない  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)11時23分3秒
  昔ウィンブルドンか何かでアガシ対サンプラスの試合を見て感動して泣きまくってテニス辞めた  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)11時19分2秒
  周りをきょろきょろ見回して、自分の「好き」を疑う必要なんてまったくない。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)11時17分59秒
  サッカーの好きな人たちは 日本が勝った事を喜んでいる事でしょうね。 私は普通かな? まあ 勝って良かったですねと言う気持ちなんですよ。 以前は野球も大好きでテレビ放送を見てましたが 音頭の踊りが好きになってからは あまりスポーツの放送を見なくなりました。 良かったのか悪かったのか判らないけど 夏を待ち焦がれているだけで 一年一年が早く過ぎてしまうのを感じます。 蒸し暑さが続きますが 皆さん体調に気をつけて櫓シーズンを迎えましょう。 そして 同じ櫓の場所で逢う事があいましたら 楽しく踊りましょうね。 先日 夕焼けがとても綺麗だったのに感激しました。 友人が山の方から写したのを送ってくれました。 私が見たのはもっと綺麗だったと思うのですが 大阪方面の夜景も写っていますので。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)11時11分40秒
  フィールドレコーディングものの「木こり」ってCDが欲しい。ザッザッザッって山に分け入る音から始まって、遠くで鳥がピヨピヨ鳴いてて。で、木にたどり着くまでのタメがあって、ついに斧を振りかぶって「カッコーーーン……」って山に響き渡る。超ダブ盤。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)11時02分10秒
  きのうキャベツと豚肉とコンソメでスープを作ったのだけど、今日はそれを薄めてタマネギとニンジンを追加し、カレーにしようと思う。ipod、ぜんぜん使わないので人にあげようと思ったんだけど、パソコンとの接続コード(?)がどっかに行ってしまって出てこない。最近いい感じのプリンターをもらったので写真を少しづつ印刷している。おととし、今はアカウントが消えていなくなった某ハテナーのHさんに焼肉をご馳走になり、その帰り新宿のサクラヤで「これ、ぜったいに平民君の将来役にたつから!」と、クソ高い写真用紙を五千円ぶんくらい買ってもらって(というかドサッと押し付けられて)、そん時は「ぼく、デジタル写真は印刷するつもりないんで…」とかそっけなく言っていたし、実際プリンターも持っていない自分が写真用紙だけ持っていたって仕方がない、とも思っていた。でもそれが今になって役にたっている。ぼくは人間関係を構築するのが極端に苦手なのでなかなか人とうまくやれない。東京に引っ越してきた頃に何もない電気もつかない部屋でノート一冊だけ買ってきて誰に見せるつもりもない詩や散文、南方熊楠全集の筆写を一人でシコシコ書いていたあの頃の気持ちのまま今でもネットで日記を書いている。「それじゃだめなんだ」Hさんも詩を書いていたっけ。読まれない詩を書いている瞬間が最も幸せだ。でも、それじゃだめなんだ。そうなんでしょ?ぼくを外界に連れだそうと奔走してくれたHさんは今でもここを読んでくれているだろうか。ひとめ見た瞬間に、ぼくはあなたの笑顔とやさしさは、屈折そのものだと思った。ぼくと同じように。そしてまさにその屈折そのものが、ぼくとHさんのふるさとで、ぼくもHさんも、そんなふるさとから飛び出すことを夢みては失敗している人間だ。「でも、やらないとな」ぼくがそうであるように、あなたもいつまでも、ぼくのことを忘れることができない。Hさん、ひさしぶりにね、はなしたいことがあるんだ。しょぼくれたオッサン革命の話なんだけど。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 7月 3日(土)10時28分7秒
  死ぬまで生きろ

http://twitpic.com/1rihbo/full

 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 3月 3日(水)01時24分9秒
  中国人も韓国人も嫌いだ

俺は中国人は嫌いだ。でも仕事を一緒にしている中国人の朱さんは物腰も穏やかで知識もすごいし、だからと言ってそれをひけらかしたりもしないし仲良くやっている

俺は韓国人も嫌いだ。でもこれも仕事を一緒にしている韓国人の金さんは日本語は不自由だけど仕事は速いし、一度注意したミスは二度と間違えないし、日本語を覚えるスピードも半端ない。この人も一緒にお酒を飲みに行く仲間だ

俺はDQNも嫌いだ。でもバイトをしてた頃にいた地域で一番のDQN高の生徒だった古谷君は思ってる事はすぐに口にして社員には嫌われていたけれど、言ってることは間違いじゃないし、仕事の覚えも速かった。「母親が妹に手を挙げるのをやめさせたいんだけどどうすればいいっすかね?」なんて相談されて徹夜で話し合った挙句に一緒に家までついて行ったっけ。

俺はギャル(死語っぽいけど)みたいな奴も嫌いだ。でもバイトにいた桜井さんはいかにも格好をしていたけれど、細かいところによく気がつく子で店の外で困ってるお年寄りを助けに店の外まで走っていったっけ。それを褒めたらすごい照れくさそうな顔をしてた。

俺の嫌いな中国人や韓国人はどこにいるんだろう。

俺の嫌いなDQNやギャルはどこにいるんだろう。

一般化した呼び方をすると突然嫌悪の対象になるんだろうか。

それとも集団になると途端に人が変わってしまうのだろうか。

彼らから見た日本人は俺が思ってるのと同じなのか、それともちがうのだろうか…
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 2月26日(金)15時18分0秒
  この妻は、触っても触ってもらっても気持ちいい妻である  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 2月16日(火)01時23分30秒
  俺の頭が悪いんじゃなくて、お前の頭がいいんだよ。人を馬鹿にする前に、自分を褒めろよ。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2010年 2月 8日(月)01時22分33秒
  ■@yo_happy 今、母が父をお風呂にいれています。中から、二人が100まで数えている声が聞いていたら泣けてきました。介護、認知症、それ自体は、大変なことにはかわりないのですが、とてもとても楽しそうです。母は4人目の子どもを育ててるみたいって笑います。

■@yo_happy そんな父の今言ったセリフに爆笑。おもむろに「おれっていい男だなあ~」だってさw 天下太平だねえw

■@yo_happy @etoile26 ♪♪♪私たちがさあ、もしも、もしもさあ、おばあちゃんになったときうちの父みたいになったとしたら、そのときは陽気に六甲おろしうたおうねっw♪♪♪

---

■いつの日か、妻が認知症になって介護をしてやるのを楽しみにしている。
徘徊する妻を追いかけたり、訳のわからない会話にいつまでも付き合ったりしたい。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年12月28日(月)00時15分50秒
  ■たぶん、トシをとる、ということは、自分の中の参照項がどんどん増えていくということではないか。もっと簡単に言えば、思い当たる節が増える、ということだ。歌を聴いても小説を読んでも他人の身の上話を聞いても、いちいち自分の中に共鳴してしまう部分がどこかに見つかってしまう。それが涙腺に響いてしまうに違いない。

■今年は、ろくでもない年だった。忘れるものか。今年は忘年会なんて行かない。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年12月28日(月)00時14分4秒
  皮膚になれなかった鼻くその話、という童話調の夢を見る。鼻くそはいっしょうけんめいばい菌やらなにやらより身体を守りました、という話なんだけど、鼻くそはその最期の瞬間まで見事に鼻くそを全うした。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年12月23日(水)00時59分45秒
  晩ぶウェンディーズへ出向き、スーパーメガウェンディーズバーガーを。行列に並ぶ間、レジを遠めに眺めていると、そのレジから一瞬離れたバイトリーダーらしき女性がバックヤードにて眼のあたりを拭っているのを目にした。泣いているのだろうか。泣いているのだろう。戻ってきた彼女の目許は赤かった。そして、その彼女に注文して出されたスーパーメガウェンディーズバーガーは実にうまかった。ありがとうと言いたい。ありがとう。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年12月11日(金)01時43分50秒
  今さっきうんこをしたら、便器の水に落ちた瞬間、「バチンッッッッッ!!!!!!!」という、ものすごい音がしました。

一体何が起こったというのでしょうか。



これは、うんこがあまりにも固く、あまりにもデカく、尚且つ便器に落ちる時に、水に対して本来の「縦方向」ではなく「横方向」で落ちることにより、水と当たる表面積が大きいために起こる現象なんですね。

真上から石ころを水に落とすのと、平べったい板を落とすのとでは音が全く違いますよね?まさにあれです。

このようなキレのある音を「スラッピング」と言います。スラッピングは大きければ大きいほど良しとされています。


さらに不思議なことが起こりました。おしりが全く濡れていないのです。あんなにスラッピングが大きいにも関わらず、水が一滴もおしりに跳ね返っていないのです。

これは何故か。

これについても実は「表面積」が関わっています。もうおわかりになった方もいらっしゃると思いますが、うんこの表面積が大きければ大きいほど、水は横に広がって跳ね返ります。

真上から石ころを水に落とすのと、平べったい板を落とすのとでは跳ね返り方が全く違いますよね?まさにあれです。

この跳ね返りのことを「バウンディング」と言います。バウンディングは小さければ小さいほど良しとされています。


※このバウンディングについては男女に差分があります。男性の場合、おしりにバウンドしなくても、金玉にバウンドする可能性がありますし、モノの大きさによっては、裏筋にもバウンドします。この男女の差分についてはジェンダーバウンドと呼ばれており、昨今業界で大きな論争を引き起こしています。なお、女性の中にもピーのピーの大きさや長さによってはバウンドすると言われていますがまだ証明されていません。


ていうかこれ欲しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091210-00000019-sph-soci
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年11月27日(金)01時24分27秒
  妻に聞いた話だが、長男は台所で大声で歌を歌っていたそうだ。「俺の脇毛がぼうぼう燃える!俺の脇毛がボーボー燃えるんだ!」と絶叫していたそうだ。
 妻「それは何?」。長男「忌野清志郎の歌だよ!」。妻「うそでしょう?」。長男「ばれたか!」。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年11月26日(木)22時37分42秒
  ■アタリマエのように今日もフィッシュマンズを聴く。

  この景色の中をずっと 2人でまわろうぜ
  この景色の中をずっと
  この景色の中をずっと 2人で歩こうぜ
  このゆううつな顔もきっと 笑顔に変えようぜ
               フィッシュマンズ『Go Go Round This World!』

 この景色の中をずっと、っていうところに決意を感じる歌である。景色はこの先、ずっと変化がないもので、そこをぐるぐる回るだけ、っていうことなんだろう。でも2人ならやりおおせるだろうよ、っていう歌なんだ。1人でもなく大勢でもなく、2人、ていうところがポイントで、リアリティを感じさせる。結婚「制度」の是非はともかく、「結婚」の今日的意義はこんなところにあるのでは、と思った。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年10月17日(土)11時20分46秒
  じいちゃんの癌が発覚。
余命一年だと宣告された。
「一年? …十分、最後の一仕事ができる」
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年10月17日(土)11時16分42秒
  どう見ても

トム・アルドリーノを若くしたとしか見えないドラマーの

コンラッド・シュークルーンの

ガッツにあふれた素晴らしいドラミングを見ていると

わくわくする楽しさと

そこにトムがいないという事実から来る

ちょっと感傷的な気分がごちゃまぜになって

ぼくをおそうこともある。

演奏が終わってぶらぶらしていたコンラッドをつかまえて話をした。

彼は謙虚な口ぶりでこう言った。

「ぼくはトムのことをずっと見上げているよ。

 彼はぼくにとってのお父さんみたいなものだから」

なんというか

そういうひとことで

ずいぶんとひとは救われるものなのだ。

まだどうしようか迷っているひとがいるのなら

テリー・アダムス・ロックンロール・カルテットのライヴは

一日か二日飯を抜いても

見た方がいい。

彼らの音楽が素晴らしいからとかいう当たり前の理由ではなく、

ああいうふうに一生を生きてみたいと思わせる理想が

世界のここにしかないかたちで

息づいているからだ。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年10月 1日(木)01時20分37秒
  お金がなくても楽しくなる方法を知らないんですか?最近聞いた中では「天井を見つめる」という遊びがあります。全く元手がかからず、二時間くらいは楽しめるということです。わたしはほかにやること(家事など)があるので試していないのですが、いつでも手軽に始められるのでおすすめです!あと「布団に入って寝る」「道を闇雲に歩く」「歌を歌う」などは実践済みですがお金がかからないにもかかわらずかなり楽しいです!  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 9月12日(土)13時31分3秒
  地震で揺れた時、寝ているダンナと上の子に向かって
大声で「起きて!地震だよ!」と叫んだら、
抱っこしていた3ヶ月の次男が「イエッサー」と言った。
そっちにびっくりして、ダンナをたたき起こして
「イエッサーって言った!赤ん坊なのにイエッサーって返事した!」
と言ったら、
「今大事なのはそれじゃないだろ」とスルーされた。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 9月10日(木)01時30分36秒
  ビッグになりたいやつがビッグになるのは全然構わないし、堕ちていきたいやつが堕ちていくのを止めるつもりもない。問題は、そこそこ食って、そこそこ幸せになろうとすることが、今のこの国ではどえらく難しいことにある。
 そのわけは、俺の考えるところでは2つある。
 1つは、そこそこ食ってそこそこ幸せになる、ということを、みんながイメージできないこと。もう1つは、そこそこ食ってそこそこ幸せになるためには、お金が必要であり、お金がないとどうにもならない、という現実があること。
 以上の2点を解決すれば、この国は立派でも素晴らしくもないが、悪くはない国になるであろう。そう、素晴らしい国である必要はない。胸を張る必要もない。悪くねえな、と言える程度でじゅうぶんだ。
 そういう方向性で党的結合をつくりたい。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 8月31日(月)10時43分37秒
  君は高い崖っぷちからダイブしたような、そんな気持ちにさせてくれる音楽を聴いた事があるかい?自分ではそれは出来ないと思っていても、心の中は満ち足りてしまったようなあの状態、あの曲はきっとみんなをそんな気持ちにさせたんだと思う  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 8月30日(日)12時54分49秒
  ■演奏する人たちは、もちろん音楽が好きだから演奏するのだろうが、観客はなぜ音楽を聴くのよ?特に、俺のように人前で演奏するワケでもない人間が、なぜ時間とお金を費やして音楽を聴くのよ?早川義夫は「なぜにぼくは/歌を歌うのだろう/誰に何を/伝えたいのだろう」(『この世で一番キレイなもの』)と歌ったが、俺は誰に何を伝えたいわけでもないのに、なぜ歌を聴かないわけにはいかないのだろう?
 金払ってるんだから聴かせろや、でもなく、おお素晴らしい神!でもない、観客論・聴衆論を語るのは俺の仕事のような気がする。

■ 今わかっていることは、俺は、音楽や歌を聴きたいわけではなく、音を通じて神サマに出会いたいわけよ。江戸アケミ風に言うなら「リズムでもって救われたいんだよ!」っていうところだろうか。ジャズの神サマでもロックの神サマでもいいんだけど、「何かワケわからないけどすげえ感じ」を感じたい。そんな、イタコみたいなミュージシャンが、俺にとっての有り難いミュージシャン。
 そういう音、そういうミュージシャンに出会うと、顔がにかにかワラケてしまうな。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 7月15日(水)00時55分6秒
  文人は石原伸晃の泣きそうな顔を見て爆笑。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 7月 6日(月)08時25分56秒
  Bob Marley meets MJ  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 7月 6日(月)08時18分0秒
  麦人に「お前は生きていて楽しいか?幸せだと感じるか?」と問う。「自分の屁の音がボン!って大きいと、可笑しくて仕方がない」と答えた。よろしい。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 6月 9日(火)01時12分46秒
  託児所で出た洗濯物の籠を抱えて底辺生活者サポート施設地下の洗濯場に降りて行くと、昼間っから土間の隅で男女がねちゃねちゃ粘着し合っているのが見えた。

わたしがドアを開けた音に気付いて、一対の肉体は動きを静止したが、それもほんの一瞬の間で、ごそごそとまた絡み合いを再開する。

性行為を他人に目撃されてやめるか、開き直って続行するかが、既存の階級の人間とアンダークラスの人間の違いだという説を聞いたことがあるが、そういう意味ではずず暗い洗濯場の土間で展開されていたのはまさにアンダークラスの男女の粘着であった。

そして裸電球の下で喘いでいた女は、ほかでもないアリスの母親だったのである。



急いで方向を転換し、ドアを閉めて階段を上るわたしの脳内に

GET THE F**K OUT OF HERE

という言葉が突出してきた。

潮時かな。と悟った。こんなところには長くいるべきではない。

こんな淀みきった場所にいつまでも出入りしていてはいけないのだ。



洗濯物を抱えたまま託児所のほうに戻ると、アリスが鏡の前に立っていた。

ピンクのレースのついたカチューシャをつけて鏡に見入っている。

「Look! I’m pretty」

アリスには“GIRLY”なんて全く似合わない。

そんなものをつけてみたところで、外見の異様さが増すばかりではないか。

「Am I pretty?」

アリスはこちらに近づいてきてわたしの手を取る。

野獣児の手はぞっとするほど冷たかった。

だが同時にその手は、握り返さずにはいられないほどちんまりと小さい。

「Yes, you are very pretty」

わたしは笑ってそう答えた。

アリスはとてもプリティとは呼べない珍妙な顔の歪め方をして、一生懸命に笑い返そうとしている。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 6月 9日(火)01時06分43秒
  (゚Д゚)  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 6月 9日(火)00時49分47秒
  (ρ_;)  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 6月 9日(火)00時47分22秒
  ■誰か清志郎の悪口を言わないか。
 追悼の声の中、清志郎が解毒されていくのはかなわん。
 FM東京オマンコ野郎。
 FM東京最低のラジオ。
って歌った男だぜ!
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 4月25日(土)22時12分42秒
  このブログ、カープばっかりじゃん!って思った方。カープもR&Rも大差はありません  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 4月12日(日)12時10分48秒
  Life is so short

あっちもそうだけれど

そっちもそうじゃないのかい。



相手を思っているようなことを言うけれど

結局は自分が正しいと

思っているんじゃあないのかな。

おれはわるくない

わたしはわるくない

そんな声が

いっぱい聞こえてきているよ。



ほんとうに

人を愛したこと

あるんですか。



いのちの正体は愛でしょ。

いきることと死ぬことはいっしょだよ。

だから生きていけるんだ。



楽しいことと

悲しいことは

いっしょだよ。



音楽だけとりだしたって

それは意味ないよ。

いくら音楽がすばらしくても

楽しくても

君がだめなら

君の思いがたったひとりの相手にとどかないのなら

だめ、です。



人はいつも、ひとりの他人を相手にして

生きている。

相手はけっして、自分であってはならない。

相手はいつも、他人です。

自分を愛するように

他人を愛してはいけない。

自分以上に相手を愛さないと

生きている意味がない。



結局、自分のことを

選んでいませんか。

自分は弱いと言いながら

自分の意見を通しているのではありませんか。

相手を思っていると言いながら

自分を思っているのではないですか。

それが自分を生きることだというのなら

それは間違っている。

生きていないです。



ほんとうに人を

愛したこと、あるんですか?

Life is so short、ですよ。



人生は短く

ぼくたちは

ぼくと君は

もっと短いです。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月29日(日)21時27分8秒
  日常とパーティを分けちゃダメ。
それで、日常こそパーティの一部なんだと思わないとダメなんですよ。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月28日(土)10時49分21秒
  人生なんて、死ぬとかそうじゃないやつとか、何度も別れがあるけれど、別れってのは何度やっても、ショックだよねえ。哀しいの。全然慣れないの。
でも、自分もいずれ死ぬんだから、ねえ。


今日来たお客さんが言ってた言葉。
ああ、その通りだなあ。
自分よりうんと長く生きてる人と話すことは、なんつうか、勉強になるよ。自分には必要なことだよ。
理屈じゃないんだよな。


あんまり喋らない方が今日はうんと長い時間話されていた。
その方は生きる気力がないよ、なんてことを前に言ってたが今日は生き生きしていたなあ。

人と関わるということは、きっとこういうことなんだろう。生きる気力をあげたりもらったり。で、私はそういう風に人と関わりたいのだよな。そういう接客がしたいんだよな。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月28日(土)01時10分24秒
  ちょっと前まで某中東の国に電線を引きにいってたんだが、
そこの現地人の人たちが凄かったんで書いてみる。

まぁ何が凄いってね、その人たちねすげぇ整然としてるの
んでもってそんな偉くないんだけど、滅茶苦茶なんか尊敬されてるの俺
なんでだろうと思って元受の会社から派遣されてる通訳さんに聞いてみたのね
そしたら俺の前任の人が凄かったのよ
Kさんにしとくんだが、まぁこのKさんが凄かった
まず現地の人間に朝礼をさせるようになったの。
もちろん朝礼なんざ向こうではやらないから、最初はぜんぜん集まらないの
でもKさんは来ない人たちの家にいって一人一人説得していったんだわ
朝礼っていうのは面倒なものだが、安全の為やらなにやらで必要な物なんだよって
で3週間ぐらいで全員が仕事始まる30分前には揃って朝礼ですよ
これがどれくらい凄い事か分からない人もいるかもしれないが、マジで凄い事です。
でこのKさんの凄いところはまだまだある
簡単な仕事を現地の人間に任せるなんて使い方しなかった
とことん使ったの。でもちろん出来てなかったら容赦なくやりなおせた
お前なら出来ると思って任せてる、やり直し
そんな風に現地の労働者を使う外国企業なんて無いらしい、現地人はこれで発奮というか
やる気みなぎったらしい。自主的に残業してまで仕事をやり終える人間まで出る始末
あり得ない、マジあり得ない。
対立してる部族同士の連中もKさんの前では絶対に争わない。

で更に凄いのはこのKさん、電線が対立する部族の境界線を通るという話しで
色々揉めてるという話しを聞いて、日本酒の一升瓶もって対立する部族の族長二人と
会合ひらいて話を付けた
漫画かよと思ったが、一緒に連れて行かれた通訳はAKもった人間に囲まれて
族長二人とKさんが日本酒飲んで最後には握手する現場を見たと真面目な顔で言ってた。
そんな事になったら現地の新聞に載るだろ、とか言ったら
地元の新聞記者が取材に来たらしい。Kさんハンパネェ
でもKさんは仕事の邪魔だって言って追っ払った、カッコよすぎ。
現地の労働者が事ある毎にKさんはKさんはと俺にKさんの凄さを語る。
いわくKさんは現場で一番偉い人なのに一緒に汗水流して働いた。
出身部族で判断せずに個人の能力で見てくれた。
俺の息子の腹痛を魔法の薬で治してくれた(正露丸です)
Kさんの現場では死人は一人も出てない、怪我人も軽い打撲と擦り傷が数名しかいない。
俺の妹の旦那が暴力を振るうって相談したら一日で改心させた。
と続々Kさん伝説が出てきた。何者なんだKさん。
というかそんな凄い人間の後任なのか俺と思いながら頑張って任期を勤め上げた。
帰国後ひょんな事でKさんと会ったが、眼鏡のひょろいオッサンだった。
一番気になってた部族同士の話し合いの事を聞いたら
「いやぁ町内会同士の争いみたいな物かと思って」
と苦笑しながら話してた。あんたマジハンパネェよ。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月26日(木)01時19分42秒
  「大人になったらみんな怒ったり憤ったりせず、蕎麦作ったりジャム作ったりすると思ってたけど、実際はそんなことなかった」と現在の心境を語ったリリー・フランキー。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月21日(土)19時40分3秒
  海外とか行ったり、色んなとこで色んなことやるのもいいし、自分が何やったらいいか悩んでる人もたくさんいるんだろうけど、はっきりしていることは一つだけだ。今、ここでやるべきことをやればいいだけ。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月20日(金)17時50分36秒
  僕は今まで二回結婚している。

前の女房とはカラオケボックスでの合コンで知り合って、できちゃった婚だ。

僕は結婚する時に自分の人生の全てをはなした。

昔AV男優をやっていた事、逮捕暦がある事、などなど。

その時女房は、「じゃああたしも言う」といった。

彼女は「桶川ストーカー女子大生殺人事件」で殺された女性と親友でその女性と一緒に数回殺されそうになった事を僕に話した。

親友だったらしい。

駅のホームから突き落とされたり、裸の写真を家の周りに貼られたりもしたらしい。

その時僕は「この娘は僕が守ってあげなきゃいけない。」と思って結婚した。

そして、殺された女子大生と一緒にいる写真を見せられた。

そして僕がその事件に関する番組を見たとき前の女房の顔にモザイクがかかった同じ写真がテレビに出ていた。

殺人の主犯は八年くらいで出所するらしい。

その頃僕は「火の粉が僕に降りかかる」と思いはじめていた。

そして離婚した。

思い出した。

その娘の父親は「結婚するなら戸籍謄本を持ってこい!!」と僕に言った。

で、その謄本に僕の母親の出身地が「満州」と記載されていたので、中国人扱いされた。

ちなみに僕の母親は父親の仕事の都合で満州に行っているときに生まれた。

ただそれだけだ。

人を究極に不愉快にさせる血筋なんだと思った。

ちなみにその時に出来た子供は、僕の本当の子じゃないらしい。

彼女は僕とつきあっている時に4またをかけていたらしい。

「なるほど」といろんな意味で思った。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月20日(金)17時45分33秒
  最近三日続けてお店に来ている若者がいる。
彼は15歳から歌舞伎町でホームレスをやっていて16歳でパチンコ屋の景品交換所を強盗し2年間少年院ですごし今は26歳で歌舞伎町で暴力団の企業舎弟みたいなことをやっているといっていた。
そしていろいろな武勇伝を聞いた。

面白かったので僕は思わず「写真を取らせてください」といったが拒否された。

そんな彼はカラオケが大好きで歌が物凄くうまいが髪型はジャンボ尾崎で顔はヒロミみたいな顔をしている。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 3月18日(水)10時36分49秒
  “家は貧しかったが、両親共にのんびり屋の性格で、夕食を食べる金がないからと代わりに2人でワルツを踊るような人だった。”

鳥山明 - Wikipedia
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 2月22日(日)11時33分6秒
  うつくしい  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 2月16日(月)18時33分23秒
  村上春樹さんの講演要旨

--------------------------------------------------------------------------------



 【エルサレム16日共同】作家の村上春樹さんが15日行った「エルサレム賞」授賞式の記念講演の要旨は次の通り。

 一、イスラエルの(パレスチナ自治区)ガザ攻撃では多くの非武装市民を含む1000人以上が命を落とした。受賞に来ることで、圧倒的な軍事力を使う政策を支持する印象を与えかねないと思ったが、欠席して何も言わないより話すことを選んだ。

 一、わたしが小説を書くとき常に心に留めているのは、高くて固い壁と、それにぶつかって壊れる卵のことだ。どちらが正しいか歴史が決めるにしても、わたしは常に卵の側に立つ。壁の側に立つ小説家に何の価値があるだろうか。

 一、高い壁とは戦車だったりロケット弾、白リン弾だったりする。卵は非武装の民間人で、押しつぶされ、撃たれる。

 一、さらに深い意味がある。わたしたち一人一人は卵であり、壊れやすい殻に入った独自の精神を持ち、壁に直面している。壁の名前は、制度である。制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる。

 一、壁はあまりに高く、強大に見えてわたしたちは希望を失いがちだ。しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている。制度がわたしたちを利用し、増殖するのを許してはならない。制度がわたしたちをつくったのでなく、わたしたちが制度をつくったのだ。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 2月16日(月)18時28分52秒
  柴田元幸さんに聞いたんだと思うんですが、イギリス人の学者たちが日本人に「日本人はいいよね、シェイクスピアが翻訳できて」と言った。私はこの言葉がすごく好きなんです。英語で書かれたシェイクスピアは一種類しか持ちようがないけれど、日本人は無限にバージョンを持てるというこの幸せ。  

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 2月 9日(月)22時56分35秒
  ■早川義夫の公式サイトを見ていて発見。

----------------------
NEW!! 4月20日(月)・21日(火) 「マリアンヌ」から「I LOVE HONZI」まで

セ・シアン 早川義夫、佐久間正英に、
フィッシュマンズ 茂木欣一、柏原譲、
ジャックス 水橋春夫をゲストに迎え、
初顔合わせ、久しぶりのバンド編成!

会場 池袋 鈴ん小屋(東京都豊島区東池袋1-47-1 庚申ビルB1F 03-6382-7273)地図a、地図b
出演 早川義夫(ジャックス、セ・シアン)Vo,P+佐久間正英(四人囃子、ザ・プラスティックス、Nina、セ・シアン)G+茂木欣一(フィッシュマンズ、東京スカパラダイスオーケストラ)Ds,Cho+柏原譲(フィッシュマンズ、ポラリス、オトータ )B
特別出演 水橋春夫(ジャックス)G,Vo

特別出演 水橋春夫(ジャックス)G,Vo

なんだこれはァァァァァァッッッ!!!!!
うわぁぁぁぁぁぁっっっ!!!

俺にとっては、ジョンとポールが再び並んで歌うよりもあり得ない出来事。
 

(無題)

 投稿者:い@転載  投稿日:2009年 2月 1日(日)19時01分20秒
  バットは短く持って、目の前のボールを打つ。  

レンタル掲示板
/12